住宅

一生を過ごすなら新築一戸建てを検討してみよう

夫婦と男性

距離感のある良い場所

枚方市は、京阪神で新築一戸建てを建てる方が真っ先に候補にあげることが多いです。通勤にも便利で環境も申し分ない場所です。街並みも整備されているので地元の不動産会社なども多くあります。新築一戸建てを探すときには地元の業者に依頼することで安心して任せることができます。

インテリア

一戸建て間取りのポイント

茨木に一戸建て住宅をいつか持ちたいと思われる方もいるとおもいます。一生の買い物だけどどのように選んでいいのか分からない時はポイントを押さえていきましょう。住みやすいお家を見つけるためには間取りに気を付けることは重要な一つです。

暮らしに重点を置いた都市

女性

土地の価格や人口密度

狛江は、都内の市区町村で最も人口の多い世田谷区に隣接している都市です。それでいて狛江の土地は、世田谷区と比較すると安く購入することができます。具体的には、世田谷の区の地価は、1坪あたり約200万円ですが、狛江ではその半分の100万円ほどとなっているのです。そのため、予算の問題で世田谷区では新築一戸建ての購入が難しいという人の多くが、狛江で購入しています。新築一戸建ては、集合住宅と異なり土地の購入に多くの費用がかかりますが、狛江でならその負担が少なめとなるのです。需要が高いことから、狛江では新築一戸建てが次々に建築されていますし、それによって人口は増加しています。全国の都市で2番目に小さいにもかかわらず、人口密度は全国で3番目に高いのです。

通勤や通学の便を考慮

狛江はベッドタウンとしてよく利用されている都市です。だからこそ新築一戸建てが多く建てられていますし、もちろん暮らしに便利な商業施設も数多くあります。しかし、暮らしに重点を置いている都市だからこそ、企業ビルや教育施設は少なめとなっています。つまり、狛江に住む人は、狛江以外の場所で働いたり学んだりすることになる可能性がやや高いということです。現に狛江では昼間人口が少なく、具体的には夜間人口は約8万人なのですが、昼間人口は約6万人です。つまり住民のうち約2万人が、日中には通勤や通学などで別の市区町村に行っているわけです。したがって新築一戸建てを購入する場合は、別の地域にアクセスしやすい場所を選ぶことが大事とされています。

一軒家

古い歴史のある街

古くからの街並みを守っている鎌倉では、中古一戸建てが人気物件となっています。それは、街並みに合わせた外観で内装をリフォームしたり、リノベーションしたりすることができるからでしょう。そうすることで、最新設備と風流の両立が可能となります。購入前には工務店などに事前確認してもらうと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加